こんにちは。
歯科医師の坂根です。

夏も終わり涼しくなったかと思えば、連日の雨で梅雨に逆戻りしたような感じで嫌な日が続きますね。

ところで以前歯ブラシについて少し書きましたが、今日は歯磨き粉について書きたいと思います。

そもそも歯磨き粉は必要なのか。

しっかりとした歯磨きの仕方をマスターしている方々には必要ないと思います。ただ完璧に汚れを取りきり、虫歯のリスクのない人などいません。そんな時はやはり歯磨き粉を使って予防していく方が効果的といえます。

ただし歯磨き粉に甘んじて適当な磨きをしたり、磨き方をしっかり理解していないと本末転倒ですので、しっかりとした磨き方をマスターした上で歯磨き粉を使って頂く、そういう意識で使って頂きたいです。

薬局に行くとたくさんの歯磨き粉がおいてあり、種類が多くてよく分からないと思います。

ご自身の歯の特徴を理解し、それに応じた歯磨き粉を使うといいと思います。分からなければ、かかりつけ医に相談されることをおすすめします。

歯磨き粉には大きく役割は3つあります。

  • フッ素含有による虫歯の予防効果
  • 研磨剤含有による着色、汚れの除去
  • 知覚過敏への効果

など、他にも様々な作用があります。

その中でもフッ素の濃度が違ったり、研磨剤の成分が違ったりと個々の特徴が出てきます。

また最近良く話題になるのが、物によっては歯磨き粉の中に小さな粒子が入っているタイプの歯磨き粉です。粒子は口の中に入ると砕けて、汚れを取るというような表現がされていましたが、患者様の中でも白い粒子が歯茎の際に残っているのを見かることもあります。粒子も砕けなければそこで汚れをためて菌の温床となってしまいます。購入の際は注意してみてください。

フラワー歯科にも何点か歯磨き粉を用意しております。市販の薬局では手に入らないようなものも置いております。ぜひお声かけください。

また何かわからない事や、気になることがあればお気軽にお尋ねください。